AtCoderで黄色になったのでまた振り返る

概要

コンテストに36回でたら黄色くなった。

f:id:inmir:20180430155038p:plain

現状

あとで見ると色々楽しいので貼っておきます。ちなみに解いた問題数でいうと、AtCoder : CodeForces : その他(topcoder, CSA) = 8 : 1 : 1くらい?基本的にAtCoder以外はコンテスト本番の他は問題を解いてません。

f:id:inmir:20180430155445p:plain

考えたこと

AtCoderの(黄色になれるくらいまでの)問題を解くためには、他の方々も言っているように考察力(典型力)が重要。考察力を養うには、

  • 問題を解く・考える
    • 考えすぎない(~2Hくらい)
      • 人によるかも
  • 解説を見て理解する(最大でも2時間くらいで理解できる難易度が良いと思います。また、editorialの他にAtCoderは解説放送もおすすめ)
  • 問題を実装する(時間があれば。特に最初の内は解説にはかかれていない所で躓いたり、自分の不理解さが分かります)
  • 自力で解法を思いつく道筋を考える(xorはbit毎に考えると良いかもとか、二人ゲームだからgrundy数かもとか)

を繰り返すしかないと思います。後は、考えたことをコードに落とし込むスピードが早くなると、レートが上がりやすくなりました。(二分探索だったり、自作クラス(構造体)のソートだったり)。

その他

任意のレートを上げたいコンテストの問題をたくさん解くと、そのコンテストのレートが上がりやすくなると思います(他のコンテストは(それに比べたら)あんまり上がりませんでした)。後、色々なコンテストに出て復習が間に合わないよりかは、コンテストを絞ったほうが良いと思います。